読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶっちゃけたお話をしようか。

社会人も早数年。平成生まれのOL独り身腐女子。毎日の「やりたい」の記録です。

婚活エッセイ漫画を一通り読破したお話をしようか。

婚活をしています。

婚活をしているオタクです。

 

f:id:miiiko0o:20170326210439p:plain

つまりまだ成功なんてしていなくて、とりあえずやっと婚活戦線で戦いに明け暮れている。

 

婚活、と言うか婚活エッセイ漫画読む行為に抵抗がある、という人のお助けになればなあと思ってまとめてみた。

自分も読んだら色々と終わりだ…!って思っていたので、そんな方のきっかけというか比較する参考にでも。

 

 

まずはきっかけでも話そうか。

自分はよく非オタの友人に、もっと恋愛とかを頑張れよ的なお説教を頂くタイプの人間だ。

少女漫画は楽しい、なんなら同性同士も美味しい。腐ってるし。深く語ると細分化や住み分けが凄い世界なので、ちょっとそれは置いておく、として。

 

でも自分をそこに組み込むことが思いつかない感じ。

 

いつかどうにかなるのかな、と呑気にしてたけど、いい加減にしろと怒られて渋々、というか恐る恐る合コンとか街コンとか行ってきたよー。

後述のアエルラとか含めて5-6回。あとナンパする兄ちゃんと1回飲んだこともある。

 

 

結果

 

 

全滅、てか超怖い。

 

 

デートしてみたり、とかしたけど話が合わなくて連絡を絶たれたこともある。

何故か初対面で肩を抱かれて、そんなもんなのか、と我慢したけど、やっぱり苦手で最終的に連絡を絶ったこともある。

 

よくわからないし、どうすればいいのかもわからない。

 

もういいかなあ、でもきっとどうにかなるよ。(というか空から降ってくるさー)と放置しだした時、

 

オタ友に

「私はこれで開眼した(だから買え)」

と一冊の本を紹介されたのが初婚活エッセイ。

 

そう、貸してはくれない。

作者様に必ずお金を落とさせるスタイルの布教容赦ない

 

 

気になっていたのもあって、とりあえず一冊。

 

その一冊でやばいかもしれない、と背筋が伸びて、

不安を解消しようと自分で調べて買って、

二冊目三冊目と読んでいるうちに一通り読んだ感じ。

 

でもみんなが自分みたいに全部課金するのもどうかと思うので、どういう感じのものか並べてみましたー。

 気になったものを買えばいいと思うよ!

 

 

 とりあえず並べてみようか。

 婚活本は計六冊。あと個人的に参考図書を二冊。

どれもプロフィールの書き方、とか幅広い結婚情報サイト等のシステムとかがアドバイザーの方の比較とかもなくはないのですがまあほぼネット婚活の話。

オタクだもんね、ネットでの交流から、の方が楽だよね…

とりあえずこういうパターンもあるかも、の心構えになったかな。

 

【婚活エッセイ】

 

友人に布教された某一冊。

O社、つまりオーネッ…みたいな。

所謂結婚相談所(正しくは仲人さんがいないので結婚情報センターだそうな…)的なものに高額な入会費を払い、三年間で結婚に至ったお話。

多分、どんなものかが見えない有名どころの実情を知るのは手っ取り早いしADアヤメ(O社のアドバイザーさん)さんの厳しい言葉が刺さる…。

「これからの人生で今の自分が一番若い」

そうですね、これだけはどうしようもないよね…で、私のところにアヤメさんはいつ来てくださいますか?

 

1で結婚に至るまで、が描かれてる。

2はそれまでにあった回顧録。ネット婚活も相談所も一通りこなした婚活のプロ()的なところがあって一番広くこんな感じなのか!が見える記録な印象。

 

こんな人はいないだろう、的なエピソードも一通りあって、そういう想像を超える人種を目にすることが可能です。

 

 O社…

 

 

 

ネット婚活はプロフィールを偽るところから開始する… 

読んだときは笑ってたんだ。

 

今ならわかる、男女互いに数打てば当たるだろ!的な戦法だからうまく削ぎ落さないと「作業」だ…

 

「ここには恋も運命もときめきもない」

「あるのは打算と計算のみである」

 

参考にしてます。お互いを知ろうと思えるくらいの人数って限界あるんだな、とか作業になるのも仕方ないよね、っていう言い訳目的で。

 

 

 上の夫サイドのお話。

男性の婚活ってハードっていうか女性って容赦なく切るんだなあと。

同じサイトで出会っているので同じシステムでの婚活なのに、男女でだいぶ状況が違うので二冊とも読んでほしい。男性の婚活ハードモード…。

あと、技術があるゆえに色々とネット婚活でやっててちょっとすごい。

 

 

 

 

 

 最近流行りのオタク婚活。

上記の肉子さん夫妻と御手洗さん夫妻は互いに普通のシステムで婚活して、最終的にオタク同士で結婚されたのだけど、こちらはオタク専用婚活サイトでのお話。 

 興味ある人は「アエルネ」とか「とら婚」とかで調べればいいと思う。あと成功したら報告ください。前向きに検討したい。

 自分はアエルラっていうオタクパーティ経験者です。

 女子とLINE交換したよ!!なんなら今オタ垢で相互フォロワーさんだよ!くそう!!

 「オタクだけの婚活サイトで運命の人を見つけました」の方の男性視点が非常に参考になったので、一度読んでいただければなと思います。

 

 

【参考図書】

 

女子校出身の純粋培養の方の話。女子校時代があるあるです。

彼女が夫となる漫画家さんと結婚に至るまでのお話と、いかに異性と接点がなかったか、とかが描かれています。

 

 

自分も、 

 

 

 

 

みたいな生活から、だから大学行ってもバイトしても無理だったし職場もこなしてやっと異性との会話を覚えたよ…だから序盤に共感しかなかった。

 

同世代の男性との会話が危うい、とか未知の生き物との遭遇、ってスタートからの進み方が共感できるし、あの、本当に女子校出身拗らせ仲間みんな読もう…?

 

 

だからと言って辛酸なめ子さんの「女子校育ち」とか読んで安心するとめちゃくちゃ楽しいけど婚活だから。

 

 

 

 

この記事、あくまで婚活エッセイ漫画まとめだから。

 

自分は女子校を言い訳にする本も一通り読破して、あれ系って読破するのってそれは本当に女子校育ちに刺さって楽しいけどだめだから。

 

凄く楽しいし読んでもいいけど繰り返し読んで安心しちゃダメです。

 

 

オクテしてる場合かよこれくらいのスタンスでいなさいよ、を教えて下さる本です。 

カザマさんのお話に共感した同志は読んでほしい。 

やっと理屈が自分はわかってきたところ。 

 なんかね、まとめるとね、「こんな女になってられっかー!」はやるべきだよ。 

 それの覚悟を決めるのにいいよ。

 

 最後に

参考図書のところが長いのは想定内です。 

 女子校育ちは女子校で育ったことを誇りに思ってるしちょっとした箱庭で生きてきたところあるからさ、楽しいんですよ…

どれを選ぶのは自由だし、参考にどういうのがいいかなーっていう手引き(女子校出身視点)です。 

 楽しんでいただければ。

 

 

 

 

広告を非表示にする
/** ぱんくず**/ /**ページアップ **/